クレジットカード審査の方法について

 クレジットカードを新しくつくるためは、カード会社の審査をクリアしなければならない仕組みです。

 各クレジットカード会社ごとに、審査の内容は異なります。

 ある会社でOKでも、他の会社では審査に断られたりします。

 クレジットカードの審査を受ける時には、申込み書類に名前や住所のほか、働いている会社の名前や、勤続年数、年収、持ち家の有無などがあります。

 当然ですが、年収や、勤続年数を偽ると、クレジットカードの審査に通ることができません。

 数値的な項目がありますが、多少の水増しをすることで審査に通る場合もあり、ある程度の許容範囲もあるようです。

 年収が一定しない職業についているという人は、その年の年収よりも結果的に大きめに数字を書いてしまうこともあります。

 ごまかしようがない情報、つまり勤続年数や、住居の挙牛年数などは正しく書いてください。

 新規の顧客に足してクレジットカードの審査を行う場合、年齢や、年収、勤務先などの情報を吟味して、審査の結果を出します。

 審査で重視するポイントや、最低限のラインなどはクレジットカード会社毎に違います。

 審査の基準を満たしていると見なされれば、クレジットカードが発行されます。

 申込み書類が正しく記載されていないために審査を通らなかったということもありますので、書類は正しくつくりましょう。

 クレジットカード会社は、情報の内容に点数をつけて、合計点数が一定基準を超えているかを調べる、スコアリングという手法を使っています。

 スコアリングされる項目は、申込み用紙に記入された各項目で、勤続年数や年収などを総合的に判断して、融資するかどうか決定されます。

 クレジットカードの審査では、スコアリング判定のほか、信用情報会社から紹介したローンの利用履歴や利用状況など、人の手を介した処理を経て、判断がされます。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial